福岡・山口・九州全域で収入減、リストラ、離婚、介護、老後破綻等原因で住宅ローンの返済にお悩みの方を地域に密着した「西日本任意売却サポートオフィス」専門相談スタッフが全力でサポートさせて頂きます。

相談無料・秘密厳守
土日祝日も
お電話での受付/9:30~21:00
「ホームページを見た」とお伝え下さい
0120-86-20810120-86-2081
福岡県・山口県・九州地区の任意売却専門のご相談窓口です。

住宅ローンの返済による競売は、任意売却で回避することができます。
「今すぐではないけれど、今後支払いが難しくなるかもしれない。」・・・といったご相談も増えております。
お早い段階で解決方法を知って頂くことを推薦しておりますが、ご状況として必要でなければ、無理に任意売却を勧めることはありませんのでご安心ください。

まずはお気軽にご相談ください(無料相談・秘密厳守)。任意売却専門のスタッフが対応いたします。

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンの滞納などでご自宅(不動産)が競売になってしまうことが予想される場合に、競争入札開始前までに、銀行などの債権者に合意をとり、あなたにとって良い条件で売却することです。

任意売却のメリット

自らの意思で家を売却する「任意売却」。まだまだ知られていないこともあり、“任意売却のメリットが分からない”という方もいます。そこで、ここでは任意売却における4つのメリットを紹介します。

今の住まいに住み続けたい方へ

家を手放さない解決方法を一緒に考えましょう!

マイホームを持ったものの、住宅ローンを滞納していて、今後ローン返済をしていくのは困難だという場合、「任意売却」や「競売」といった方法で住宅を売却することが考えられます。

しかし、「愛着のある自宅を手放すことに抵抗がある」「引っ越しに伴う子供の転校を避けたい」などの理由で、売却をためらう方も多いでしょう。ところが、売却方法によっては、住宅を売り払っても今まで通り住み続けられる場合もあります。それが、任意売却の類である、「親族間・親子間売買」や「リースバック」です。これらの方法で売却を行った場合、その後は購入者から住宅を賃貸している状態になります。所有権が移っているので「自分の持ち家」ではなくなりますが、引っ越す必要はなく、今まで通りの生活を続けることができます。

このように、売却を行っても今の住宅に住み続けることは可能です。しかし、これらの売却を自らで行うのは、あまり得策とはいえません。何故なら、任意売却は専門的な知識やノウハウが必要となるからです。任意売却に関して詳しい専門業者に頼めば、売却手続きを円滑に進めることができます。後悔しないためにも、迷った時は一人で悩まず、まずは専門業者へ相談することをおすすめします。

今の住まいに住み続けたい方へ

(1)親族間・親子間売買

「住宅ローンを滞納してしまい、家を手放さないといけない」という方でも、自宅に住み続けられる方法があります。それが、親族間・親子間売買です。

任意売却の一種で、住宅を親族間や親子間で売り買いできる方法です。その主なメリットとして、下記の2つが挙げられます。

主なメリット
  1. 親族間で売買を行うので、
    引き渡す際に安心できる
  2. 不動産を継がせたい親族に
    売却することで、
    後に相続で困ることがない

このメリットからもわかるように、親族間・親子間売買は、相続対策として活用することができます。さらに、任意売却をサポートしてくれる「任意売却業者」に依頼すれば、スムーズに売買できます。

まず親族間・親子間売買で行われるのは、任意売却業者による住宅や土地の状態、権利関係などの調査です。その後、調査の結果や算出された評価額を参考に、売買の相手である買主(親族)と話し合いながら、売却価格の設定を行います。こうした確認により、不動産の状態や、価値などを正確に把握することができます。

売買価格の決定が済んだら、契約に移ります。売買契約書や付帯設備書など、契約に必要な書類を用意し、記載事項を確認した上で契約を結びます。住宅購入の代金が売主の手に渡り、所有権が買主へ移転されれば、親族間・親子間売買は成立です。

今の住まいに住み続けたい方へ

(2)リースバック

リースバックとは、持ち主が住宅を第三者に売却し、購入者との間で不動産の賃貸契約を結ぶことで、今までと同様に住み続けられるという売却方法です。

売却後は、住宅の所有権が第三者に移るので、住宅ローンを負担する必要がなくなります。その代わり、月々の賃貸料を購入者へ支払っていきます。

毎月支払う賃貸料は、売買価格を基に算出されます。売買価格は、売主が不動産を購入した当時の金額よりも下の金額に設定されることが多いため、月々の賃貸料は毎月の住宅ローン負担額よりも安くなる傾向があります。場合によっては月々の支払額が数万円減少することもあるため、リースバックは家計の負担を減らす方法として大変有効といえます。

またリースバックには、「買戻し」ができるというメリットがあります。買戻しとは、一旦売却した不動産を、購入者から売主が再度購入できるシステムのことです。この買戻しは、リースバック契約時に、購入する第三者との間で特約を結んでおくことにより実現することができます。すると、リースバックをした売主に所有権が戻ってくるので、再び「自分の持ち家」として住むことができます。将来、所有権を取り戻したいと考えているなら、この方法が最適です。

今の住まいに住み続けたい方へ

(3)個人再生
家に住み続けたまま借金を大幅に圧縮する債務整理手続きのこと。
※自己破産の場合は、借金はゼロになりますが、大事なご自宅も失ってしまいます。

個人再生とは?

個人再生とは、ご自宅は現状維持(住み続けることができます。)、住宅ローンも現状維持(住宅資金特別条項)し、無担保の債務を大幅に圧縮(債務額の5分の1程度)してもらい、原則として3年間(最長5年間)で支払っていく方法です。

「住宅ローンだけなら自分の所得で返済可能だが、それ以外の返済は難しい…」という方に向いている解決方法です。

最低弁済額

借金の合計額 最低弁済額
100万円未満 借金の総額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 借金の5分の1
1500万円以上3000万円未満 300万円
3000万円以上5000万円未満 借金の10分の1

住宅資金特別条項の要件

  1. 所有する建物が自己所有または共有所有であること。
  2. 自己居住用として利用していること。
    (セカンドハウスはだめです。)
  3. 住宅ローンが分割払いで債権者が抵当権を設定していること。
  4. 個人再生手続きの開始前までに、債権者が代位弁済をして6ヶ月を経過していないこと。
  5. 住宅ローン以外の抵当権が設定されていないこと。
  6. 住宅の為に必要な資金の借り入れ(住宅ローン等)をしていること。

このように、細かな条件をクリアしなければなりません。そして手続きも難しいので、独断で考えるのではなく、まずはお気軽にご相談ください。そして、本当に自分に向いているのかをよく考えて、弁護士や司法書士の専門家の先生に依頼しましょう。弊社では、弁護士、司法書士の先生とも連携をとっていますので、いつでも、そして早い段階からでも一緒に相談にのっていただけます。もちろん、相談は無料ですので安心してください。

相談無料・秘密厳守
土日祝日も
お電話での受付/9:30~21:00
「ホームページを見た」とお伝え下さい
0120-86-20810120-86-2081
選ばれる理由

(社)全日本任意売却支援協会の福岡県担当として活躍

代表相談員:山田大史

一般社団法人全日本任意売却支援協会に加盟し、福岡県全域を担当。福岡の窓口として活躍しています。

全国規模で住宅ローン返済にお困りの方の支援に取り組む「一般社団法人 全日本任意売却支援協会」に、福岡支部として加盟。一人でも多くの人を競売から救済するために、定期的な勉強会等を行い、最新の動向や知識の習得に励んでいます。 全国各地の相談事例、解決事例をもとに、相談者様にとってベストな方法をご提案できるため、早期に解決できる可能性が広がります。

任意売却専門のため、知識・経験・実績が豊富

相談員:篠原智美

様々な案件を解決してきた経験から、知識と実績を重ねています。

当社は任意売却専門会社として活動しており、これまでに様々な案件を解決してきた知識と実績があります。他社で断られた方のご相談も、受付していますので、諦めずにご相談ください。私達がお力になれる可能性は十分にあります。資料も充実しており、ご相談者様に分かりやすく丁寧にご説明させていただいております。

ご相談無料
秘密厳守

相談員:井上由紀子

住宅ローンにお困りの方、今は大丈夫でも今後の支払いに不安のある方、お気軽にご連絡ください。相談は無料です。住宅ローン以外の債務、相続、税金等個別の案件についても、弊社では弁護士の先生等の各専門家とも提携して活動しておりますので、具体的かつもっともベストな提案ができます。もちろん、先生たちの相談も無料です。又、弊社では相談者様のプライバシーに配慮し、個別の相談ルームを設けております。安心してご相談ください。

相談者の希望に
あった提案をします

相談員:大坪美鈴

「競売だけはなんとか避けたい」「引越し費用がほしい」「子供の校区の関係で住み続けたい」等々、相談者様のご希望はみなさん様々です。弊社では、相談者様の希望を第一に優先し、解決できるためにどうすればよいのか、ベストな方法は何かを、より分かりやすく丁寧に説明、アドバイスさせていただいております。弊社では資料も充実しており、ご好評いただいております。

各専門家と提携。
充実したサポート体制。

代表相談員:山田大史

弊社では、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士などの各専門家とも提携して住宅ローン以外の問題についても対応できるようにバックアップ体制が整っております。又、任意売却後の生活に不安のある方は、弊社と提携しているライフプランナーが今後の家計の組み方のアドバイス、ポイントをお伝えしていきます。そして、多くの方が心配している任意売却後の次の住まいですが、こちらに関しても、提携している物件情報を多数揃えた賃貸専門会社が数ある物件の中から、相談者様のご希望に添えるお部屋をお探しします。

豊富な実績
(交渉実績のある金融機関・債権回収会社一覧)

相談員:篠原智美

福岡銀行 西日本シティ銀行 北九州銀行 山口銀行 西京銀行 福岡中央銀行 佐賀銀行 筑邦銀行 親和銀行 豊和銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 りそな銀行 みずほ銀行 広島銀行 もみじ銀行 佐賀共栄銀行 南日本銀行 住友信託銀行 みずほ信託銀行 三菱UFJ信託銀行 オリックス信託銀行 中央三井信託銀行 九州労働金庫 中国労働金庫 福岡ひびき信用金庫 福岡信用金庫 遠賀信用金庫 田川信用金庫 大川信用金庫 飯塚信用金庫 筑後信用金庫 オリックス債権回収(株)
Q&A
お客様が不安に感じられる疑問等、
よくあるご質問をまとめました。
随時、新しいご質問の追加を行いますので、
参考にして頂ければと思います。
滞納していないということは、住宅ローンを貸し出している金融機関からみれば、優良なお客様という位置づけ…続きを見る
よくいただく質問です。1番抵当の住宅金融公庫の分は月々の支払いが高いので滞納しているが、2番抵当の分…続きを見る
以前の住宅金融公庫のときは8割融資だったこともあり、残りの分を他の銀行で融資を組んでいるケースが多か…続きを見る
競売申立ての取下げとは、競売申立てをした債権者がその申立てを撤回することです。開札日以降の取下げもで…続きを見る
「競売不動産取扱主任者」とは、一般社団法人不動産競売流通協会が推奨している民間資格です。不動産全般と…続きを見る
最近、ニュースや新聞等でもよく話題になっている「ネット銀行の住宅ローン」ですが、いろいろなメリット、…続きを見る
住宅ローン関連コラム
住宅ローンに関する問題。いざ直面するようになって、
多くの方がご存知なかった事柄がございます。
こちらでは住宅ローンに関連するコラムを通じ、
より深く住宅ローンに関してご理解頂ければと思います。
任意売却は、通常の不動産売買と比べて、多くの関係者との情報の共有、そして調整が必要になります。任意売却に関わる利害関係者には、■売主様(債務者)■買主様■買主側の不動産仲介業者■司法書士■債権者(1~…続きを見る
みなさん、「シルバー返済特例」をご存知でしょうか?あまり耳にしたことのない方も多いと思います。この「シルバー返済特例」とは、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)で住宅ローンを組んでらっしゃる方限定の特…続きを見る
「給料の差押」って聞いたことがある人は多いと思いますが、今回は詳しく説明していきたいと思います。「給料の差押」とは、銀行や消費者金融等の債権者が債権を回収するために裁判所に申し立てる法的手続きです。債…続きを見る
もっと見る
相談無料・秘密厳守
土日祝日も
お電話での受付/9:30~21:00
「ホームページを見た」とお伝え下さい
0120-86-2081 0120-86-2081
あなたの大切な人で住宅ローンの支払いでお悩み中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社のホームページをご紹介ください。きっと解決できるキッカケになるはずです。どうぞよろしくお願い致します。
PageTop