Q&A

自己破産をすると、すべての債務は免除されることになります。しかし、税金、健康保険、国民年金等の滞納分は免除されません。勘違いされている方が多いのでご注意ください。あと、滞納している「罰金」(例えば、交…続きを見る
開札され最高価格買受人が決まると、裁判所は「売却許可決定」をします。そして、1~2ヶ月後に、買受人は代金納付をします。この代金納付によって所有者が買受人に移転することになります。ですが、開札が終わった…続きを見る
たくさんある物件の中から、「内覧したい」という申し出があったということは大きなチャンスです。チャンスを無駄にしないためには、少しでも好印象を与えるようにちょっとした演出が必要になってきます。まずは、な…続きを見る
このような文章の他にも、「今すぐこちらのマンションを購入したいお客様がいらっしゃいます」「このマンション限定でお探しの方が◯組いらっしゃいます」
「すぐにでもお客様をご案内できます」というのもよく見…続きを見る
税金や保険料の滞納が続いた場合、役所は給与の差押をしてくる可能性があります。役所が勤務先を知っている場合ですが…。給与の差押がされてしまうと、職場の方には分かってしまいます。そして、この「給与の差押」…続きを見る
生活保護の方にとって自己破産の費用をご用意するのは、現実的に困難なケースが多いと思います。その際は、法テラスの立替え制度を利用されたほうが良いです。生活保護の場合、法テラスでは、弁護士費用、予納金(上…続きを見る
できます。まずは金融機関に相談することになりますが、過去に延滞や滞納がないことが前提条件になるといえます。どちらのケースも追加保証料が必要になってくると思います。また、利息は増えることになるので、ロー…続きを見る
難しいです。住宅ローンの滞納が始まった段階で債権者(金融機関等)は、必ず連帯保証人に連絡をとってきます。そして、任意売却を始める際に、連帯保証人の同意がとれているか確認するために連帯保証人のサインを求…続きを見る
他の銀行に借り換えする際も、もちろん審査があります。その際、個人信用情報機関に照会をかけますが、すでに延滞記録が出ている可能性が高いので審査が否決になる可能性が高いです。又、現在返済中の金融機関に返済…続きを見る
債権者が多ければ多いほど、売却代金の配分の調整が難しくなりますが、任意売却ができる可能性はあります。債権者は後順位になればなるほど、競売の場合は回収ができません。よって競売になれば回収金額ゼロなので、…続きを見る
はい、できます。しかし、消費者金融の借入の場合は、各消費者金融によって回収についての傾向が違いますので、事前に確認することが大事です。又、なかには非協力的な態度の消費者金融もありますので、注意が必要で…続きを見る
はい、できます。しかし、少ないですが、このような場合の任意売却の取扱いはできないという方針の債権回収会社(サービサー)もいます。その場合でも、事前に入居者様に懇切丁寧に事情説明、退去のお願い等を弊社で…続きを見る
「福岡任意売却サポートオフィス」では、信頼できる弁護士や司法書士の先生方と提携しており、一緒に相談者様の問題解決に取り組んでいきます。他に債務のある方は、債務の状況を聞かせていただき過払い金の返還請求…続きを見る
できます。私達、「福岡任意売却サポートオフィス」は平成28年から、山口県まで範囲を広げます。これまで山口県にお住いの方からも電話でのご相談は多くいただいていましたが、福岡県内のみの対応でしたので、任意…続きを見る
前回の続きとなります1.債権者との関係が破綻している。債権者からの督促や催促の電話の際、担当者と喧嘩している方がいらっしゃいます。担当者も人間です。お互いが感情的になり、「この方との取引は一切できませ…続きを見る
残念ながら、任意売却できないこともあります。任意売却は債務者、債権者など各関係者の合意がとれてはじめて成立することができる方法です。成立させるためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。下記…続きを見る
連帯保証人を解除するためには、3つの方法が考えられます。1.他の人を連帯保証人としてたてる。…その際は、もちろん、外れる方よりも属性の良い方になります。
2.別の金融機関で住宅ローンの借り換えをして…続きを見る
住宅ローンの滞納などで売却しなければならなくなった際に、賃貸として住み続ける事に親族の協力が得られる場合に有効な解決方法のひとつです。親子間・親族間・兄弟間での売買は取引価格(譲渡価格)が通常の取引価…続きを見る
この類の相談は住んでいる妻側、ローンを負担している元夫側、どちらからも多い相談ですね。当時にしていた約束でも、元夫に支払い義務があったとしても、元夫に支払うお金がなければどうしようもないです。滞納が続…続きを見る
不動産を売却する際、共同名義人、連帯債務者、連帯保証人がいらっしゃれば、事前に全員から承諾を得ておかなければいけません。任意売却のように住宅ローンが残り、全額返済ができない場合は特に注意が必要ですね。…続きを見る
85件中  20件表示  <4160>
相談無料・秘密厳守
土日祝日も
お電話での受付/9:30~21:00
「ホームページを見た」とお伝え下さい
0120-86-2081 0120-86-2081
あなたの大切な人で住宅ローンの支払いでお悩み中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社のホームページをご紹介ください。きっと解決できるキッカケになるはずです。どうぞよろしくお願い致します。
PageTop